Who are The Double Bogey


The Double Bogey > bogey#1 > 楽器との出会い系

楽器との出会い系 by bogey#1

ワタクシ、bogey#1は「左利き」であります。弦楽器弾きにとって「左利き」は「楽器と出会うチャンスが著しく制限される」ことを意味します。 そのせいか、僕と楽器との出会いは、何かと、それなりに、劇的であったりします。 他人の楽器の話が果たして面白いのかどうか、はなはだ疑問ではありますが、僕と同じように左利きで苦労してる人もいらっしゃると思いますし、 ここで「楽器との出会い・bogey#1の場合」をご紹介させていただきます。

ES-335 in Singapore

SRV風に言うと、僕の「メイン」であり「No.1」であり「レッド」であります。ありふれたリイシューモデルですが、新品で買ってもう十数年のつきあい。 ギターを始めるきっかけになったアイドル The Doobie Brothers の Pat Simmons への憧れから、いつかは335と思ってましたが、1993年、旅行で行ったシンガポールで出会いました。

当時インターネットのような便利なものもなく、情報がありません。学生時代に行った香港でUSA製の楽器が安かった記憶から、同じフリーポートであるシンガポールもいっしょ?といういい加減な憶測で、とりあえず旅行ついでに探してみようと。 探すと言っても手がかりはなく、単に大通りをぶらぶら歩いてその辺の店のお兄さんに「この辺に楽器屋さんありませんか?」って訊いてみる。「あ〜プラザシンガプーラの中に何かあったな」。 で、そのプラザシンガプーラへ。結構大きなビルの何階かにありました。そこそこ大きな楽器屋さん。確か管楽器やピアノなんかもおいてる店で、ギターの本数はそんなに多くなかったですが、その中にコイツがいたんですね。憧れのチェリーレッドの335。 いつもの事ですがお店に長々と居座って相当悩みましたね。試奏って言っても、このギターもともと普通の右用なんで、弾くに弾けないんですが(苦笑)。 でもネック、フレットの感じは「これだ」と思える物があり思い切ってその場で買ってしまいました。

てなわけで、極めていい加減な出会いではありますが、結果的にコイツが私にとってかけがえのないメインギターになりました。 長らくナット交換とブリッジの駒の入替えのみで左用として使っていました。コントロール類が肘に当たって邪魔なんで移設したかったんですが、トップに穴を開けるのは抵抗があり決心がつきませんでした。 その後、下に紹介したTele Thinlineを使いだして、1 vol, 1 toneのシンプルな操作系が自分スタイルに合っていることがわかり、かつ10年以上弾き続けて、もう手放す気はないと思えたので、ようやく決心して改造に出しました。 トップだけでなく、センターブロックにもピックアップキャビティから左側へ貫通穴を開けて配線を通すという意外に大変な改造でしたが、結果は大正解。 音への影響はわからないくらいですし、何より操作系がシンプルになり、あるべき位置にあるので、弾きながら歌うことに集中できるようになりました。 「やっと自分の楽器になった」気がしました。

欠点は強いて言えばひ弱な私にはちょっと重い(レスポールほどではないですが)こと、弦間のピッチが狭めなためフィンガーピッキングには向かないことぐらいでしょうか?

Eastman AR-910CELH in Shibuya

こいつとは有名な渋谷の箱ギター専門店で出会いました。たまたま東京に行く用があり、空き時間に楽器屋めぐりを企んでいたのですが、当初は左用に力を入れている御茶の水の某店が目当てでした。 そんな予定の2〜3日前、仕事帰りに近所のカフェでサラリーマンジャズギタリストのU氏と遭遇。「東京行くなら渋谷の店は是非行った方がいい」と強くすすめられました。 「でも左用なんか置いてへんやろ?」と半信半疑で店のHPをみたところ、なんと左用のGuildが!早速E-mailで「このGuild試奏できますか?他に左用フルアコありますか?」と質問。 「試奏OK。他に修理中が1本あり、興味あれば用意できるか確認します。」との回答。「興味あるので是非お願いします。」と返信。

そして東京初日お店を訪問。Guildを試奏しましたが、残念ながらイマイチしっくりこない。もう一本の方は修理から戻ってない。翌々日であれば用意できるかもとのこと。 電話連絡もらうことにして店を後に。

翌々日、本来の用をすませた後再訪問し、見せてもらったのがこの一本。当時 Eastman というメーカーすら知らなかった僕は半信半疑で試奏。  ・・・・っと、いいんですよ、これが!何がといわれてもわからんのですが、しっくり来たんです。 前々日のGuildや別の店で弾いたHeritageはどうもうまく弾けず、ヘボヘボだったのが、コイツを手にしたらJazzyなフレーズがぱらぱらと・・・(笑)つくづく、楽器は「相性」だと思いました。 Guild、Heritageなんてフルアコでは定評のあるメーカーで悪かろうはずないんですが、何故か僕にはこれが飛び抜けて「弾く気をそそる」楽器だったんですね。

とはいえ市場評価も未知数のブランド、ディアンジェリコやダキストのライセンス物に手が届いてしまいそうな決して安くはない値段、フルサイズのボディ+フローティングPUでハウリングには悩まされそう・・・など、 不安要素もあり、長時間居座って悩みましたが、何より弾いたときのタッチや出てくる音のフィーリングを大事にしたかったんですね。 装飾を排した超シンプルなルックスもポイント。この手の楽器では定番の「貝」を一切使わず、ポジションマークなし、ヘッドのインレイも「木」です。

1年落ちの中古でしたが、少なくとも当時Eastmanのカタログに左用はなく、おそらくユーザーかショップからのオーダーで作られたもの。 またお店の方も「E-mailいただいてなかったら今日お見せすることはできませんでした」とのこと。

誰かが左用をオーダーして手放さなかったら、たまたま東京に行く用がなかったら、あの夜U氏と会わなかったら、お店のHPに左用のGuildが載ってなかったら、あのE-mailを入れてなかったら、この出会いはなかったはず。 そう考えると運命的なものを感じます。使いこなすにはまだまだ修行がいりそうですが、じっくり育てたいです。

Telecaster Thinline ('72 style) on Guitar Magazine

他のギターを見ていただいてお分かりいただける通り、僕はホロウボディ&Fホールのギターが大好きです。 テレキャスシンラインも Curtis Mayfield の影響でずっと気になってたんですが、1960年代の後半から70年代初期のごくわずかな期間しか生産されなかったモデルで、オールドは絶対数が少ない。 まして左用なんて通常生産されているはずもなく、オーダー生産された物が見つかる可能性は限りなくゼロ。 再生産ものもUSAで'90th Thinlineというモデルが一時出たぐらいで、Japanでも長らく「現行モデル」が存在しない時期がつづいたと思います。それだけマイナーって事でしょうか?

ところが一時からJapan, Mexicoとリイシューものが相次いで発売されたり、ギターマガジンで特集が組まれたりして、どういう訳だか露出度が高くなってきました。流行ですかねぇ。 そうなると、ますます気になる。欲しい。でも探してもない。で、フェンダージャパンにE-mailしました。「左用の生産予定ありませんか?」。 回答は「残念ながら予定ありません、一本単位でのオーダーも受付けておりません。」って、まぁ予想どおり。そりゃそうですね、数売れないものを大手のメーカーさんがつくるわきゃない。 あとは大枚はたいてオーダーメイドかぁ・・・とあきらめモード。

そんな時、出かけたついでに買ったギターマガジンを電車でパラパラとめくってたら、ん?サブリミナル効果のように何か気になる写真が!あれ!?今のは何?・・・・っとページをめくる事数分。 見つけました!左用のシンライン!おぉぉぉマジか?目を疑いましたが、間違いありません、某楽器店の広告にしっかり載っています。Japanのシンライン左用。 これはもう、買うしかない!ってところですが、問題は、お店が東京、大阪に進出してるようなチェーン店でもない。やっぱり楽器だから試奏はしたい。・・・その後の経緯はちょっと楽器屋さんに迷惑かかってしまう可能性があるので、紹介は控えます。スミマセン。

いずれにせよなんとか試奏することができ、めでたく購入。カタログにない左用が何故あったかというと、楽器店からのオーダーで数十本ロット生産された物のようです。 ありがたい!よくぞやってくれました!ほんとはCurtisと同じシングルコイルの初期型が欲しかったんですが、待っても出てくる可能性は非常に薄いですしね。 初期型は斜めに流れるピックガードのデザインが秀逸ですが、この後期型はギプソンより一回り大きいハムバッカーを載せるためピックガードの形状が変更されており、残念ながらそれがオリジナルのデザイン性をスポイルしています。 が、そのイカツイはムバッカーのおかげか?音はフェンダーらしいシャープな要素を残しながらも太く甘い音。これはこれでなかなかいいです。そして何よりシンラインの魅力は「軽い」こと。 テレキャス(というかフェンダーのギター全般)自体の設計の良さもあり、軽いボディのギターにありがちなバランスの悪さもなく、プレイアビリティは抜群。

余談ですが、このギターもちろんフェンダーですが、ホロウボディーの設計は確かリッケンバッカーで330なんかを設計した人、PUはギブソンでPAFを設計したセス・ラバー、 ということで、フェンダー、リッケン、ギブソンの混血児のようなギターです。

Telecaster Thinline ('70 style) From Nagoya

上の'72モデルと同じくFender Japanのシンラインです。 '72モデルを入手した時、本当にほしかったのはこれだったのですが、問い合わせても「左用は生産予定なし」とのことでした。

ところがですね、出てきたんですよ。ネット見てたらいつの間にか発売されてたんです。 「買いだ!」といきたいところですが、これまた売ってるお店が東京だし、既にシンライン一本もってるし、どうだかなぁ、、、と迷いつつ時々チェックする日々。

そうしてるうちに、複数のショップで売りにでていたのが「売り切れ」が出始めたんです。これはヤバいと。 この手の定番から少し外れたモデルの左用はおそらくショップからのオーダーでまとめてロット生産されたものですが、その数はせいぜい数十本で「売り切れご免」ってことでしょう。 つまり今市中に出回ってるものが売れてしまったらサヨナラです。

そんなわけで、ちょっと焦りモードでネットをチェックしてたところ、大阪にもお店のある某チェーン店さんのネットショップに中古品が! これはチャンスとばかり電話で問い合わせたところ「名古屋店の在庫です。」とのこと。 名古屋に電話し「大阪で試奏して買いたいんですが」とおねがいしたところ、「わかりました、転送します。」と快く引き受けていただきました。

そんなこんなで試奏してみたところ、ネックシェイプもバッチリ僕の好みだし('72モデルとはだいぶ違う)、音も期待どおり、テレキャスのキャラクターとホロウボディの特性がうまくバランスしている感じ。 めでたく「買い」となりました。

シングルコイルゆえ線の細い音ですが、テレキャス独特のあの音はブリッジの構造によるものでしょうか? とにかくピッキングのニュアンスをよく拾います。その分演奏のアラも丸出しですが(笑)。 購入直後からライブで大活躍中です。

Storatocaster in Shinsaibashi

いつものように弦を買いに楽器屋にふらっと入る。 目的は「弦」なんだけど、やっぱり気になる楽器たち。「一本ぐらい左用ないかな、、、」と一通り見回してしまうのはどうしようもない性です(笑)。 いつも「落胆」に終るのがオチですが、その日はちょっとちがいました。ふと見上げた目の前に、左用のストラトが2本ぶら下がってたんです。まるでニンジンのように(笑)。 ちょうどその頃、学生時代から弾いてた最初のエレキ、 Fender Japanのストラトがフレットがガタガタに減っていて、フレット打ち換えて使うかどうしようか?買い替えるんだったら、アメスタぐらいでいいかな?なんて考えてた時でした。

そんな時に目の前に現れた、まさにアメスタのストラト2本。どちらも'80年代後期製の中古品で値段も手頃。こういうのは実に珍しい。 だいたい普通の楽器屋さんで左用ってったら、5万円前後のエントリーモデルの新品が1〜2本言い訳程度に置いてあるぐらいで、あとはおいそれとは買えない高価なものがたま〜にあるくらいで、手頃な中古はなかなか出ない。 ましてや同じメーカー、同じ機種の、ほぼ同じ年代のものが2本弾き比べられるなんてことはめったにない。こりゃ弾いてみるしかないでしょ(笑)。

一本はブラック、もう一本はサンバースト。ブラックの方は結構使い込まれた感じで年季が入ってる。一方サンバーストはかなりきれいで状態もいい。 ハードウェアなどの構成は同時期のアメスタとういことでほぼ同じ。ところが音を出してみると驚くほどキャラが違う。 ブラックのがマイルドな枯れた感じの音、対してサンバーストはシャープでキラキラした現代的な音。同じアメスタでこんなに音ちがうの?って、ちょっとビックリ。 ボディの材がちがうんだろうか?

で、選んだのは年季入った枯れた方。こっちの方が明らかにボロいんだけど、音が好きだったんですよ。中域に独特のクセのある、いかにもストラトらしい(と、僕が思う)音。 それまで弾いてたFender Japanのストラト(ラージヘッドのレプリカ)はサンバーストの方に近い音で、実はあまり気に入ってなかったんです。 そんなわけで、その場でホールドしてもらい、後日 Japanのストラトを下取りしてもらって格安でゲット。

このギターで驚いたのが「ストラトのミドルピックアップって、こんないい音!?」ってこと。 前のストラトのミドルはどうもつかみ所のない音で「使えない」と決めつけてピッキングの邪魔にならない位置まで下げてしまってましたが、このアメスタのミドルはクランチさせると「これぞストラト」っていうおいしい音がする。 有名な Layla and Other Assorted Love Songs の随所に出てくるあの音はミドルだったのか〜、と今更ながら気づかされるギター歴十何年の情けないおじさんでありました。